お茶の淹れ方

 

北京で開かれた中国茶講座に友達にさそわれて参加したことがあるのですがそこでは女性が2人ちょっとした舞を踊るようにウーロン茶を淹れていました。 一度きりの講座ではその振り付けまでは覚えられなかったので(^-^;)、ここでは一般によくみられる ”振り付け”なしの淹れ方をご紹介します。

 

● 工夫茶器を使った淹れ方と飲み方

工夫茶器を使った淹れ方は中国茶の淹れ方の中で一番手が込んでいて楽しいものです。 使う葉はウーロン茶や鉄観音などの青茶です。

沸騰したお湯を空の茶壷と茶海に淹れ、茶海のお湯は聞香杯と品茗杯(茶杯)に移しそれぞれを温めます。それらのお湯は茶舟に捨てます。

お茶の葉を茶壷に入れ高いところからお湯を注ぎます。

あふれるほどお湯を淹れると次は茶壷の蓋でお湯を切るように ”あく”をよけます。

蓋をしめると今度は蓋の上から急須にお湯をかけて蒸らします。
お湯の温度は90度くらいのものを使います。

次に急須がひっくりかえるんじゃないかというくらいに茶海かぶせるようにたてかけてお茶を注ぎます。(この ”ひっくりかえる”ようにするのって初めて自分でするときにはちょっと勇気がいりました) 。茶海に入れ替えることでお茶の濃度を均一にします。

茶壷のお茶を注ぎきると今度は茶海のお茶を聞香杯に注いで、その聞香杯の上にまだお茶の入っていない(品茗杯(茶杯)をかぶせて お客さんに出します。

ここからは飲み方になります。

品茗杯(茶杯)をかぶせられた聞香杯を差し出されると片手で品茗杯(茶杯)と聞香杯を持ってひっくり返し聞香杯から茶杯にお茶が移るように ゆっくり聞香杯をはずします。このとき品茗杯(茶杯)と聞香杯がぴったりくっついてとりにくいので(蓋付の お吸い物のお椀みたいに、です)聞香杯を少し回すようにとるとうまく取れます。

ここで、空になった聞香杯を鼻に近づけて香りを楽しみます。「聞」という感じは「香りをかぐ」という意味があるので この杯を「香りを聞く杯、聞香杯」と呼びます。

そして最後に片手で品茗杯(茶杯)を持ってお茶をいただきます。

 

素焼きの茶壷は宜興(上海の近くの地方)で作られる紫砂のものが良いとされ、とても高価なものがありますが機械で作られたものですと手頃な値段で売られています。 形も丸っこくて可愛いものから蓋の上に動物が乗っているような変わった形をしたものまで様々で 部屋の隅においておいても素敵なインテリアになりそうです。
また使い込むほどいい色になり、中国では大切なお客様には古い茶壷でお茶を淹れるというおもてなし方があるそうです。
ただ青茶は香りがきつく茶器にも移りますので、ウーロン茶用の茶壷、鉄観音用の茶壷、と分けるようになるのですが それだと大変なので、香りが移らない磁器の茶器もおすすめです。
白い磁器の茶杯に小さなピンクの桃が描かれているものなど、なかなか可愛いです。

私はガラス製の茶海を花瓶代わりにしてガーベラなんかを一輪さして窓辺においたりします。そうすると中国茶器というよりイタリア雑貨っぽい雰囲気でかわいいですよ。

 

●蓋碗の淹れ方と飲み方

茶杯に直接茶葉をいれて飲む、茶壷を使わない簡単な飲み方で緑茶や白茶、黄茶を飲むときに合った飲み方です。

茶杯に茶葉を入れお湯を注いで蓋をします。この時のお湯は少しぬるめで80度前後。

飲むときは蓋を少しずらして茶葉をよけながら飲みます。

香りは蓋を取ってその蓋の内側をかぎます。

私は中国に初めて旅行に行った時ホテルのレストランでこれを見たときには「湯飲みにお茶が入ってる!」と びっくりしましたが、一緒に行った友達に飲み方を教えられてこの便利な飲み方には感心しました。

 

●その他

中国の一般家庭ではグラスに茶葉をいれてお湯をそそいだだけのものが普通に飲まれているようです。

またお茶館でも葉の開き方を見て楽しめるものやお茶の色が綺麗なものはグラスにそのままいれたものが出てきます。 透明なグラスの光りの中でゆっくりと開いていく茶葉を見るのはなかなか綺麗ですね。

 

工夫茶器の淹れたかたの写真は用意でき次第UP予定です。

中国茶には日本の茶道のような細かい決まり事はないそうですが、美味しい淹れ方がわかりましたらそのつど訂正していきます。

 

トップページへ


http://looklookchina.com
Beijing/China