●中国茶のおはなし

 「喫茶」のおこりは4700年ほど前の中国でした。
神話では薬草の神さま「神農」が 始められた、ということですが中国茶が今のかたちをとるようになるのは
唐時代に陸羽という文化人が「茶経」という解説本をたしたあたりだそうです。でも、この中国茶の始まりや陸羽という人物、「茶経」というお話はまたまだお茶初心者の私には 難しいので、 まずはもっと簡単にお茶の葉を買ったり、飲むときにすぐに役立つ情報から始めまたいと思います。

 中国茶は大きく分けて6種類プラス1種類あります。

緑茶(不発酵)・白茶(弱発酵)・黄茶(弱後発酵)・青茶(半発酵) 黒茶(後発酵)・紅茶(完全発酵)の6種類です。そして残りの1種類、茶葉に花の香りをつけたり 花のエキスを飲む花茶。

ウーロン茶や鉄観音は青茶で、プーアール茶は黒茶、キーモンティーは紅茶です。 こうしてみると日本でポピュラーな中国茶は発酵されたものなのかな、という感じがしますが ここ数年で龍井(ロンジン)茶などの緑茶も大手飲料会社が販売を開始したことなどにより知られるようになったようですね。

では残りの白茶 、黄茶はどんな種類があるのでしょうか? もともと白茶、黄茶というのは歴代の皇帝に飲まれていたという高級な茶葉で 白茶の代表としては白 銀針、白牡丹。黄茶の代表は君山銀針といったところです。

 

 次にこの6種類プラス1種類のひとつひとつを簡単にご紹介していきます。

 


『緑茶』

中国でもっとも生産量が多く一般的に飲まれており発酵させずに作る不発酵茶です。 もともと日本茶が好きだった私は北京に来たばかりの時、日本の緑茶の感覚で中国緑茶を購入したのですが 飲んでみると思っていたのと全然違っていてびっくりしました。 日本の緑茶の味に慣れているとあっさりしすぎにも思えますが中国緑茶は味、香り、茶葉の開いた形も楽しむ ということを知って納得でした。 またビタミンCもたくさん含まれていて美白効果も期待できるので女性にお勧めのお茶だそうです。 お湯の温度は80度くらいと、低めで入れるのがコツです。
ex.西湖龍井茶

 

『白茶』

主に福建省で作られていますが種類も生産量も少なく貴重とされています。 葉は白っぽく細かい産毛が生えています。発酵は若い芽を軽く発酵させる弱発酵。 香り、味は淡白でシンプルなお茶で、リラックスしたいときにお勧めです。
ex.白?銀針

 

『黄茶』

古くから皇帝に献上されていたといわれ生産も少ない貴重なお茶です。弱発酵茶。
ex.君山銀針

 

『青茶』

中国茶といえばウーロン茶と思いがちだけど、これは主に福建省や 台湾など南方でよく飲まれ以外に北京ではポピュラーではありません。発酵は半発酵ですがその度合いは様々です。 私自身、日本ではペットボトルに入った冷えたウーロン茶に慣れていましたが 中国茶器を使って淹れた熱いウーロン茶の味と香りは想像以上の良さでした。 アロマテラピーの効果もあります。
ex.ウーロン茶、鉄観音

 

『黒茶』

カビをつけて成熟させ古いものほど良いといわれています。 油っぽい料理によくあうお茶で、その理由は消化を助ける働きがあるといわれているのですが 中国医学を勉強している友達が言うには、それだけに空腹時にはキツすぎるので避けたほうがいいとのことです。
xp.プーアール茶(普 茶)

 

『紅茶』

中国のキーモンティー(祁門紅茶)は世界三大紅茶のひとつで、実はインドやスリランカの紅茶のルーツなのです。 渋みが少ないので砂糖やミルクなどは入れずにストレートで飲む紅茶です。
xe.祁門紅茶

 

『花茶』

緑茶やウーロン茶、紅茶の茶葉に花の香りを移した楽しいお茶です。北京では主にこの花茶のジャスミン茶(茉莉花茶)が よく飲まれています。
ex.茉莉花茶


トップページへ


http://looklookchina.com
Beijing/China